ブログ

2022.01.31

歯並び、咬み合わせが悪いことによる6つのデメリット②

 

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニックです。
本日は、歯並び・咬み合わせが悪いことのデメリットについてお話しします。

 

『④顔のゆがみを引き起こす』
歯並び、咬み合わせの悪さは、上顎、下顎の突出を引き起こすことがあります。
また、正中線がずれて左右非対称になってしまうなど、顔のゆがみの原因になります。

機能的な問題ももちろんですが、見た目の問題にも発展するため、コンプレックスにならないためにも早めの対処がおすすめです。

 

『⑤顎関節に大きな負担となる』
歯並び、咬み合わせが悪いと噛む度に顎に大きな負担がかかります。
顎に負担がかかり続けると顎関節症になりやすくなります。

顎関節症の症状としては、口を開け閉めした時にカクカクと音がする、口が大きく開けられない、顎が痛いといったものがあります。
マウスピースを用いての治療や生活習慣の改善、最悪のケースでは、外科手術が必要となる場合もあります。

 

『⑥滑舌が悪くなる』
歯並びや咬み合わせが原因で、滑舌が悪くなることもあります。
口がしっかり閉じないことにより、息が漏れ、サ行(歯擦音)が発音しにくくなります。

その他、タ行やラ行が発音しにくいなど、話すことにコンプレックスを感じてご相談に来る患者様も少なくありません。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

三河島駅から徒歩1分の歯医者
《 オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック 》
住所:東京都荒川区 東日暮里6丁目1-1 2F
TEL:03-5615-4700

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック
tel.03-5615-4700
所在地 :〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-1-1
アトラスブランズタワー三河島2F
アクセス :JR常磐線「三河島」駅より1分
診療時間 日・祝
9:20〜13:00/
15:00~20:00
9:20〜13:00/
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日