ブログ

2022.02.24

必要以上に負荷をかける噛みグセや歯ぎしり

 

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニックです。
本日はインプラントと噛み癖や歯ぎしりについてお話しします。

 

何かに夢中になっている時、ふと奥歯を噛みしめてしまうことってありませんか?

歯ぎしりや無意識にぎゅっと噛みしめてしまう行為は、歯科の専門用語では、”トゥース・コンタクティング・ハビット”といいます。

このように必要以上に負荷がかかると、インプラントそのものやインプラントを繋ぐアバットメントにダメージが加わります。

これにより、緩みやすくなったり、時には破折してしまうこともあり、インプラントの寿命が縮まるというわけです。

こういったクセというのは、無意識にしてしまうことも多く、治りにくいものです。

そのため、歯科では就寝時にはマウスピース(ナイトガードなど)を使用していただくなどして、対応しています。

また、インプラントは天然の歯とは違って、顎の骨との間にある歯根膜がありません。

その分、血液の供給が少なくなるため、感染症になりやすいといえます。

炎症が広がりやすいので、そういった点から見ても、食いしばりや歯ぎしりは改善していきたいものです。

マウスピースの装着は、ご自身の健康な歯も守ることができるので、一石二鳥といえます。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

三河島駅から徒歩1分の歯医者
《 オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック 》
住所:東京都荒川区 東日暮里6丁目1-1 2F
TEL:03-5615-4700

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック
tel.03-5615-4700
所在地 :〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-1-1
アトラスブランズタワー三河島2F
アクセス :JR常磐線「三河島」駅より1分
診療時間 日・祝
9:20〜13:00/
15:00~20:00
9:20〜13:00/
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日