ブログ

2022.08.11

妊娠性歯肉炎とは?

 

 

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニックです。
本日は妊婦さんがなりやすい妊娠性歯肉炎についてお話しします。

 

・妊娠性歯肉炎の原因は?

妊娠期間中は女性ホルモンの生成量が多くなります。このホルモンを好む細菌が多くなることの影響で、歯肉炎のリスクが上がるのです。これにより妊娠5~20週くらいから歯肉から血が出たり、腫れたりする場合があります。

ただ、毎日きちんとブラッシングをして口内環境を健全に保っていれば歯肉炎を防ぐことができます。

出産を終え、ホルモンバランスが安定すると妊娠性歯肉炎は改善していきますが、口内を不潔にしているままだと、軽度の歯周炎へとエスカレートしていってしまいます。

 

・どのような症状が出るの?

ブラッシングの際に歯茎から血が出る、歯茎が腫れてぷにぷにになる、歯茎がピンク色から赤色っぽくなる、などの症状が出ます。

 

・どんな治療方法があるの?

口内の清潔をキープすることで改善されていきますから、まずはお家でしっかりブラッシングをすることを心がけてください。
特につわりがある時期における治療は難しくなりやすいですから、毎日しっかり歯磨きをして口内のトラブルを防ぎましょう。

歯科治療ができるのであれば、クリーニング(歯垢取り)やスケーリング(歯石取り)などをします。

ただ、妊娠性歯肉炎がエスカレートして軽度歯周炎になる恐れもあります。また、出産を終えてからも歯肉炎の症状が継続し、軽度歯周炎になってしまう場合もあります。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

三河島駅から徒歩1分の歯医者
《 オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック 》
住所:東京都荒川区 東日暮里6丁目1-1 2F

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック
tel.03-5615-4700
所在地 :〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-1-1
アトラスブランズタワー三河島2F
アクセス :JR常磐線「三河島」駅より1分
診療時間 日・祝
9:20〜13:00/
15:00~20:00
9:20〜13:00/
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日