ブログ

2021.09.18

インプラント治療のデメリット

 

 

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニックです。
本日はインプラント治療のデメリットについてお話しします。

 

『1.保険適用外』
通常インプラントは保険適用外なので、治療費は全額自己負担になります。

 

『2.手術が必要』
インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込む手術が必要です。
手術の侵襲の程度は、抜歯程度です。

 

『3.治療期間が長い』
インプラントは、他の治療法に比べると治療期間が長いです。
それは、インプラントがあごの骨と結合するまで待たないといけないからです。

下あごの場合は3ヶ月程度、上あごの場合は6ヶ月程度かかります。
骨が少ない場合は、骨をつくる治療も必要なので、さらに数ヶ月かかることがあります。

 

『4.体や骨の状態によっては受けられないことがある』
糖尿病や高血圧がコントロールされていない場合は、手術できない場合があります。

また、インプラントを埋める部分の骨の状態が良くない場合も手術できない場合があります。

 

『5.手入れを怠ると抜け落ちる』
手入れは長持ちさせるために、必要不可欠です。

インプラントの場合、毎日の手入れや歯科医院での定期的なメンテナンスを怠ると、細菌感染が起こり抜け落ちてしまうことがあります。

特にタバコを吸う人は、インプラントまわりの組織が感染しやすくなるので、注意が必要です。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

三河島駅から徒歩1分の歯医者
《 オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック 》
住所:東京都荒川区 東日暮里6丁目1-1 2F
TEL:03-5615-4700

 

オリオン歯科 アトラスブランズタワー三河島クリニック
tel.03-5615-4700
所在地 :〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-1-1
アトラスブランズタワー三河島2F
アクセス :JR常磐線「三河島」駅より1分
診療時間 日・祝
9:20〜13:00/
15:00~20:00
9:20〜13:00/
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日