TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

虫歯と唾液

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

皆さん今まで虫歯に悩まされてきた方も多いのではないでしょうか?

患者様の中には、毎日かかさず歯磨きをしているのに・・・

とおっしゃる方も多々いらっしゃいます。

虫歯になりやすい方、なりにくい方の違いは、

歯磨きの回数や方法だけでなく、

飲食の回数、唾液のもつ性質や虫歯菌の数などが大きく関わります。

 

そもそも虫歯とはどうしてできるのでしょうか?

お口の中の※歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌が食べ物から栄養をとり、

糖を分解して酸を作ります。

この酸によって歯の表面からミネラル成分(カルシウム・リン)が溶け出します。

これが虫歯のはじまりです。

つまり、歯垢の中では、虫歯菌が酸を作り、歯の表面を溶かしはじめています。

※歯垢=プラーク・・・歯垢とはた食べかすや歯の垢ではなく、ネバネバした細菌の塊

 

そこで唾液が重要な働きします♪

唾液には酸を中和する働きや、

酸のよって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。

唾液の量が少なかったり、虫歯をくいとめる力が弱いと

歯の表面はもとに戻らず溶かされる成分量に追いつかなく、

虫歯になってしまいます。

 

お悩みの方は放置せずに、ご相談下さい。

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

三河島1分の歯医者【オリオン歯科】痛くない・優しい治療

日付:   カテゴリ:虫歯