TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

カテゴリ: 虫歯

虫歯予防day

こんにちは。

歯科医師の山崎です。

夏のような天気が続いていますが、みなさん体調を崩されたりしていませんか?

今日から6月になりましたが、6月4日は『6(む)4(し)』にちなんで虫歯予防DAYなんです。ご存知でしたか?

毎年6月4日から10日までの1週間を『歯と口の健康週間』とよんでいます。

色々な場所で催し物があったりしますので、お口の中が気になる方は参加してみるのもいいと思います。

細かい検査は歯科医院でないとできないこともありますので、気になる症状がある方は是非当院までお越し下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:虫歯

プラークって何?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病の原因は、

プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

プラーク1mgの中には、約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいると

言われています。この細菌たちは、もともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ、移り住みます。

その中でも最も凶悪な細菌は、歯周病の原因菌です。

現在、成人の約8割が歯周病を発症しています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、

食事の後にはまだプラークになっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質を持っています。

プラークを取り除く為の一番簡単な方法は毎日の歯磨きです。

一日3回のブラッシングの中の1回でもいいので、

丁寧に時間をかけて磨くようにしましょう。

 

オリオン歯科、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診, 歯周病, 虫歯

毎日のブラッシングの重要性

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病。

この二つの病気の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる歯に付着する細菌の塊です。

 

プラーク1mgの中には、約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいると

言われています。この細菌たちは、もともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ、移り住みます。

その中でもっとも凶悪な細菌は歯周病の原因菌です。

現在、成人の方の約8割が歯周病を発症していると言われています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、

食事と後にはまだプラークにはなっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでもよいのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質をもっている為、すすぐだけでは除去できません。

 

プラークを取り除く為の一番簡単な方法は毎日のブラッシングです。

毎日、できれば毎食後、時間をかけてよく磨きましょう。

 

日付:  カテゴリ:歯周病, 虫歯

お子様の虫歯予防

こんにちは!!歯科助手の石田です。

今日はお子様の虫歯予防についてお話したいと思います。 お子様が小さいと嫌がって歯を磨かせてくれない、上手く磨けないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこでお子様には、フッ素シーラントをオススメしています。 まず、フッ素についてお話します。

 

フッ素には大きく3つの働きがあります。

*歯を強くする(フッ素が歯に取り込まれ虫歯に強い歯を作ります)

*再石灰化を促進する(自然治癒が可能な初期の虫歯では治癒を助ける事ができます)

*虫歯菌を抑制する(フッ素が歯垢に入り歯を溶かす酸が作られるのを抑えます)

歯科医院では家庭用の物よりも高濃度のフッ素を塗布します。歯の生えはじめに行うのが効果的で、定期的に行います。ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉や歯磨き後に使用するジェル、フッ素が入ったうがい薬などを使われると良いでしょう。

 

次にシーラントについてご説明します。

生えたての乳歯の奥歯は溝が深く歯ブラシが届きにくく食べ物やバイ菌がたまりやすい為、虫歯にもなりやすい場所です。

汚れをたまりにくくする為に奥歯の溝にシーラント材を流し光を照射して固め、溝を埋めます。これで歯磨きもしやすくなり、さらにフッ素配合なので虫歯予防に効果的です。

フッ素やシーラントをしながら乳歯の時期からしっかりと予防をして、虫歯のない歯を目指しましょう(^o^)

 

当院では予防歯科に力を入れております。 キッズスペースなどもございますのでお気軽にお越し下さい。 スタッフ一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:虫歯

虫歯と唾液

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

皆さん今まで虫歯に悩まされてきた方も多いのではないでしょうか?

患者様の中には、毎日かかさず歯磨きをしているのに・・・

とおっしゃる方も多々いらっしゃいます。

虫歯になりやすい方、なりにくい方の違いは、

歯磨きの回数や方法だけでなく、

飲食の回数、唾液のもつ性質や虫歯菌の数などが大きく関わります。

 

そもそも虫歯とはどうしてできるのでしょうか?

お口の中の※歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌が食べ物から栄養をとり、

糖を分解して酸を作ります。

この酸によって歯の表面からミネラル成分(カルシウム・リン)が溶け出します。

これが虫歯のはじまりです。

つまり、歯垢の中では、虫歯菌が酸を作り、歯の表面を溶かしはじめています。

※歯垢=プラーク・・・歯垢とはた食べかすや歯の垢ではなく、ネバネバした細菌の塊

 

そこで唾液が重要な働きします♪

唾液には酸を中和する働きや、

酸のよって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。

唾液の量が少なかったり、虫歯をくいとめる力が弱いと

歯の表面はもとに戻らず溶かされる成分量に追いつかなく、

虫歯になってしまいます。

 

お悩みの方は放置せずに、ご相談下さい。

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:虫歯