TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

カテゴリ: 定期検診

定期健診

こんにちは、初めましてクリニカルコーディネーターの森です。

唐突ですが「皆様は最近いつ頃歯医者に行かれましたか?」

「昔から歯は丈夫といわれているから」

「痛くならないと中々足が向かない」等理由は様々と思いますが、

虫歯がないから、痛みがないからといって、お口の健康が保たれていると

安心してしまうのは早計かもしれません。

 

例えば歯茎の病気である歯周病は(程度の差こそあれ)日本人の約8割がかかっていると言われています。

進行してしまった歯周病により最終的には虫歯になっていなくとも、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまうという事も十分考えられます。

ただ歯周病、(虫歯ともに)しっかりと治療を行い、その後は定期的なメンテナンス「定期健診」をしっかりと受診していただければ歯周病、虫歯になるリスクを圧倒的に減らす事も可能となります。

 

当クリニックでは、各セクションのプロフェッショナルが皆様のご来院を心よりお待ちしております。

お口の状態は健康のバロメーターともいわれていますので、痛み等の症状がなくとも一度お口の全体チェックにいらしてみてはいかがでしょうか?

 

三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:定期検診

歯周治療の効果はメインテナンスによって決まる!!

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。

それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。

この違いはどこから生まれるのでしょうか?

実は欧米諸国と日本では歯科定期検診の受診率に大きな差があります。

予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上。

また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。

これに対し、日本の受診率は10%未満なのです。

 

歯周病は生活習慣病ですのでいったん治療が終了しても、ちょっとした油断で再発し、

再治療が必要になってしまいます。

そのような事態にならないように、最も大切な事は、

毎日のブラッッシングであることはいうまでもありません。

しかし、ご自身ではきれいに磨けているつもりであっても、

細かい部分や磨きにくい部分に意外と歯垢(プラーク)は残り、

やがて硬い歯石となりブラッシングでは除去できなくなります。

歯石には細菌が含まれていますから、歯周病を引き起こす原因となります。

定期的に歯科医院でメインテナンスを行えば、そのような磨き残しのチェックや、

歯ブラシの届かない歯周ポケットの中から細菌を除去することができます。

問題が起こってから歯科医院を受診するのではなく、

問題が起こらないように歯科医院を利用しましょう。

 

定期検診は歯を守ります。

そして、歯周治療の終了はゴールではなく、スタート地点です。

定期検診により、むし歯や歯周病の再発がみられても早期であれば

治療も少なくてすみます。

定期的に歯科医院でしっかりとしたメインテナンスを受けることにより、

お口の健康を長く維持していきましょう。

 

オリオン歯科一同お待ちしております。

 

日付:  カテゴリ:定期検診, 歯周病

プラークって何?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病の原因は、

プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

プラーク1mgの中には、約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいると

言われています。この細菌たちは、もともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ、移り住みます。

その中でも最も凶悪な細菌は、歯周病の原因菌です。

現在、成人の約8割が歯周病を発症しています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、

食事の後にはまだプラークになっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質を持っています。

プラークを取り除く為の一番簡単な方法は毎日の歯磨きです。

一日3回のブラッシングの中の1回でもいいので、

丁寧に時間をかけて磨くようにしましょう。

 

オリオン歯科、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診, 歯周病, 虫歯

歯を守る最善の方法とは?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

更新がなかなかできていなくて申し訳ありません。

今回は定期検診のお話です。

 

歯の治療は多かれ少なかれ痛みを伴うことが多いので

なるべく痛くならないように心がけているのですが、

歯科を好きと言う方はあまりいません。

しかし、歯医者に行っても痛くない、いい方法があります♪

それは歯が痛くなる前に歯医者に行く事。

虫歯治療の初期の段階なら簡単に治療が終わり、痛くありません。

ひどくなってから治療をすると麻酔は必要だし、

何回も通院しなくてはなりません。

痛くなる前に定期的に歯の検診を受けましょう。

 

定期検診ではあなたのお口のに虫歯や歯周病がないか点検をし、

歯のクリーニングをしていきます。

10年後、20年後のご自身の歯の為に、

いつまでも健康な歯で食べ続けられるように、

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診

虫歯や歯周病から歯を守る為には?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

虫歯や歯周病にならない為に「予防検診」をおすすめします。

歯が抜ける原因は老化ではありません。

虫歯と歯周病がその大部分を占めており、特に歯周病は最大の原因になっています。

 

歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま静かに進行していきます。

その為、知らず知らずのうちに歯を支える骨が溶かされ、

気が付いた時には手遅れになってしまうケースも多いのです。

そして一度治療をした後も、手入れが行き届かない所から再発しやすいのです。

 

虫歯治療も初期段階なら簡単に治療が終わり、痛みもありません。

ひどくなってから治療をすると麻酔も必要ですし、何回も通わなければいけなく、

治療期間は長くなり、大変になります。

 

痛みが出る前に定期的な検診を心がけましょう。

定期検診では患者様のお口の中に虫歯や歯周病がないかを検査を行い、

歯のクリーニングを行います。

検診をしっかりと受けている方と受けていない方とでは

10年後、20年後かなりの差がみられます。

最近の研究では、歯が丈夫だと病気になりにくい、

認知症を予防できるという結果が出ています。

lgf01a201311101500

いつまでも皆さんが健康な歯で

食べ続けられるよう、

虫歯や歯周病の予防には、

ご自宅での毎日のケアに加え、

歯科医院での予防検診とメンテナンスが必要です。

 

オリオン歯科スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診