TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

カテゴリ: 予防

虫歯にならない為のおやつの選び方

こんにちは。歯科助手の石田です。

 

今日はお子様が大好きなおやつのお話をしたいと思います。

 

甘いお菓子など、どれも虫歯になりやすいイメージをお持ちだと思いますが...

虫歯になりにくい甘味料があるのをご存知ですか?

砂糖は虫歯になりやすい甘味料ですが、脳が働く為の栄養になったりするので必要な栄養でもあります。すべて虫歯になりにくい甘味料に代えるわけにはいきませんが、口の中に長く入ってるアメなどを選ぶ時にはなるべく砂糖の入っていない物を選ぶようにしましょう。

 

*虫歯になる甘味料          *虫歯にならない甘味料

・砂糖    ・麦芽糖         ・還元水飴  ・マルチトール  ・ステビア

・水飴    ・ブドウ糖        ・ソルビトール  ・キシリトール

・果糖                 ・パラチノース  ・エリスリトール

・アスバラテール  ・サッカリン

 

◎おやつ選びの目安

(糖類0.5%以下)

「無」「ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」は虫歯になりにくい。

 

(糖類5%以下)

「低」「ひかえめ」「低減」「カット」は注意しましょう!!

 

ちょっとした、おやつ選びからも虫歯を予防していきましょう。

予防の為にもお子様がいらっしゃる方は一度検診にいらしてみてはいかがでしょうか?

オリオンスタッフ一同お待ちしています。

 

 

日付:  カテゴリ:予防

歯ブラシについて

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

今日は虫歯や歯周病の予防には欠かせない毎日のブラッシングで使う歯ブラシについて

お話したいと思います。

 

「歯医者さん用と市販の歯ブラシのどこが違うの?」という疑問があるかもしれませんが

お口の中は一人一人によって個人差があり千差万別です。

毎日歯を磨いているのに、虫歯になってしまったという方は、もしかすると歯ブラシの選び方に問題があるのかもしれません。

歯科専用は「歯医者さんの指導のもとで使うように作られています」

歯の専門家が「あなたの1本」を選んでくれる。

アドバイスにより効果的な歯みがきができる。

お口の状態や治療目的に合わせて使い分けできる。

品質、専門性に優れた商品が豊富。

歯医者さんでしか購入できない

価格がやや高い。

使いこなすために多少の練習が必要。

 

市販用は「誰でもある程度使いこなせるように作られています」

価格が安い。

誰が使ってもある程度歯みがきができる。

CMなどで商品の認知度が高い。

コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入できる。

自分に合った1本を自分で選ばなければいけない。

使い方、選び方次第ではブラッシング効果減。

広く浅い品揃え。

 

「磨いている」と「磨けている」は違います。虫歯や歯周病の原因となる歯垢は、力いっぱい磨いたり、長く磨くだけでは完全に除去できません。自分のお口の中に合った歯ブラシを使い、ブラッシング効果を引き出す磨き方をすることが大切です。糖尿病は糖尿病の、心臓病には心臓病の治療法があるように、歯ブラシも虫歯や歯周病の状態に合わせたものを選ぶのがベストと言えるでしょう。

歯ブラシ選びや歯の磨き方でお悩みの方は是非ご来院下さい。

 

三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:予防

矯正をするとこんなにいいことがあります!!

こんにちは、歯科衛生士の加瀬です!

前回私が投稿させていただいたブログ「歯並びを治してみませんか?
から続きまして、今回も矯正のおすすめをさせていただきます!

矯正ってそんなにしないといけないものなの?
しないとどうなるの?
そう思われる方もたくさんいるかと思います。

なので、歯並びが原因で起こりうることをまとめてみました。

歯並び、かみ合わせが悪いと・・・

口を開けて笑うことに自信が持てない
小さい頃は良
くても、大人になるにつれてどうしても口元に目を向けてしまいがち。
大きなお口で笑ってみませんか?

むし歯、歯周病になりやすい
歯並びが悪ければ、当然歯磨きがとてむ難しくなります。
歯と歯の間、歯が重なっているところなど、
気を付けて一生懸命磨かなければ歯や歯ぐきの病気になりやすいです。

言葉がはっきり喋れない
かみ合わせによっては「タ行」「サ行」が発音しにくくなります。

肩こり、頭痛になりやすい
かみ合わせが悪ければ、噛む力が一箇所に集中して変に力が入ってしまいます。
そうしると、体の調子も悪くなりがちです。

顎関節が痛くなりやすい
かみ合わせが悪いとあごに余分な負担がかかってしまい、
痛みが出ることがあります。

消化が悪くなりやすい
しっかり噛めないと十分に噛み砕くことができません。
そうすると胃や腸に負担がかかりやすく、消化不良につながります。

 

思い当たることはありませんか?

お口は体の入口で、食べ物を食べることは全身の健康にもつながります。

三河島のクリニックでは、
第4土曜日の午後15時から矯正の専門医が診療を行っています。

 

気になることがある方は、是非お気軽にスタッフにご相談下さい。

スタッフ一同、おまちしております♪

 

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病, 虫歯, 顎関節 and tagged , , , , , , , ,

冷たい物で歯がしみる‼︎

こんにちは。

歯科医師の布施です。初めまして。よろしくお願いします。

 

ジメジメとした日が続きますが、紫陽花が綺麗な時期になりましたね。

みなさんいかがお過ごしですか?

 

今日は虫歯ではないのに歯がしみる症状についてお話しします。

冷たいものを飲んだり、歯磨きをした時、ピリッと痛みを感じたことはありませんか?

歯科医に診てもらったが、虫歯じゃないから様子見ましょうと言われたけど、、、痛い!

 

という方はいらっしゃいませんか?

これは何が起こっているのでしょうか。

 

口の中は温度差の激しい環境です。

アイスを食べたり、熱いお茶を飲んだりしても歯がしみることがないのは

体の中で一番硬いエナメル質という組織に守られているからなのです。

 

しかし、不適切なブラッシングや歯周病などで歯ぐきが下がるとエナメル質に覆われていない象牙質がむき出しになります。

この状態で冷たいものや歯ブラシの刺激が加わると

短く鋭い痛みを感じることがあります。

 

歯がしみるとブラッシングが滞りがちになりプラークが溜まりやすくなります。

その結果、知覚過敏を悪化させたり、虫歯や歯周病を誘発させることになります。

 

知覚過敏の治療は

プラークが残っているとしみやすいので、力任せのゴシゴシ磨きではなく丁寧に優しくブラッシングをすること、

歯科医院で知覚過敏のお薬を塗布してもらう。

知覚過敏専用の歯磨き粉も効くようです。

 

一番大事なことは、

知覚過敏かなと思ったら、自己診断せずにまずは歯科医院に行って診てもらうことです。

 

スタッフ一同、明るい笑顔でお待ちしております!

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:予防

プラークとは?

こんにちは。

歯科医師の大井です。

今回はプラークのお話です。

お口の中の代表的な病気であるムシ歯と歯周病。この2つの病気の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

歯の表面では唾液の成分であるペリクルというタンパク質が薄い膜を作っています。そこにムシ歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスというネバネバした物質を作り自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。この状態がしばらく続くとミュータンス菌以外にもこの棲みやすい環境をねらって歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます。

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかるため、食事の後まだプラークにはなっていません。それなら「お口をすすぐだけでもいいのでは?」と思うかもしれませんが、プラークは水に溶けない性質をもっています。

現在、成人の約8割が歯周病を発症しています。

こんなプラークを取り除くための一番簡単な方法は歯磨きです。ちょっと長く感じるかもしれませんが、一日合計10分くらいは歯を磨くようにしましょう。

日付:  カテゴリ:予防

ハイドロキシアパタイトとは?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

皆さんはハイドロキシアパタイトとは何か知っていますか?

 

soshiki

ハイドロキシアパタイトとは、

リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する

成分の事です。

ちなみにエナメル質の97%、

象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで

構成されています。

最近では薬用成分として

薬用ハイドロキシアパタイトが歯のケアだけでなく、

健康食品や人工骨など幅広い分野で活用されています。

歯のくすみ・黄ばみは、歯の表面の小さな傷やミネラルの溶け出し、

歯垢、着色による汚れなどが原因です。薬用ハイドロキシアパタイトは3つの働きで

虫歯を防ぎ汚れがつきにくい白く健康な歯を取り戻します。

 

①虫歯や歯周病の原因となる歯垢をからめとって、お口の中を”きれい”にします。

②はの表面のミクロの傷を埋めて滑らかにし、着色や歯垢をつきにくくします。

③溶け出したミネラルを補給して再石灰化を促し、初期虫歯を予防、歯を”丈夫”にします。

shinryo-treatment_img03

当医院では歯のクリーニングの仕上げに、

薬用ハイドロキシアパタイトを使用した”PMTC”を行っています。

普段の歯磨きでは落としきれないバイオフィルムや着色を機械的に除去し、

トリートメントケアとして紙面を滑らかに、

歯垢や着色のつきにくい透明感のあるツルツルな歯にしていきます。

ご自宅で薬用ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き剤を併用いただくと、

さらに効果が持続します。

 

ご興味のある方はいつでもお尋ね下さい。

日付:  カテゴリ:予防