TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

親知らずについて

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

今日は親知らずについてお話します。スクリーンショット 2016-08-05 11.04.36

親知らずは上あごと下あごに2本ずつあります。

しかし、4本がきちんと生えてくることはまれで、

歯ぐきや顎の骨に埋もれたまま生えてこなかったり、

最初から歯の種自体がない場合もあります。

親知らずが生えてくるのは18~24歳頃です。

 

スクリーンショット 2016-08-05 11.04.51

親知らずが生えてきても、何も悪さをしなければ

 

気にすることはないのですが、他の歯がすでに

生えそろっているところに生えようとする為、

きちんと生える為のスペースが

不足していることが多く、

生えてくる段階で歯が曲がったり、かたむいたり、手前の歯にくっついたり押したり

して、周りの歯や歯ぐきに負担をかけてしまいます。

また、親知らずは一番奥に生えてくる為、歯が生えた後に

汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病になる確率が高いことが挙げられます。

しかも、その時には手前の歯を道連れにすることが多く、とてもやっかいです。

 

親知らずがきちんと生えていない場合の多くは、抜いてしまうケースがほとんどです。

これは治療するにも歯が奥すぎたり、歯の形が異常だったり、

的確な治療とメインテナンスができないと判断されるからです。

親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なので、

なるべく汚れを残さないように歯みがきをするようにしましょう。

 

当医院では、月に2回口腔外科専門の先生がおり、

CTも完備してますので、抜く場合でも安心して治療が受けられます。

まずは、お口の中を拝見させて頂いてから治療の判断をしていきますので

お気軽にご相談下さい。

オリオン歯科、スタッフ一同お待ちしております。

 

三河島1分の歯医者【オリオン歯科】痛くない・優しい治療

日付:   カテゴリ:歯周病, 虫歯