TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

新着情報・ブログ

歯並びを治してみませんか?

こんにちは!関東が梅雨入りしましたね。歯科衛生士の加瀬です。

今回は“大人の矯正”について少しお話させていただきます!

 

矯正は子どもの時にするもの・・・

そう思っていませんか?
歯の美しさと健康に対しての意識の高まりから、
最近では“大人の矯正”が増えています。

もちろん、その背景には“大人の矯正”がしっかりと確立されたことにあります。
矯正というと、どうしても金属の装置ワイヤー
歯の表面に取り付けイメージがありませんか?

ですが!最近では、
矯正装置が透明なもの
歯の内側に取り付ける装置など・・・
治療中でも周りに気づかれないような目立たない方法が増えてきました。

 

  “大人の矯正”は、アンチエイジングとしても人気があります。

綺麗な歯並びは、同時に美しい口元を演出します。
口元がすっきりすることで、顔が小さく見え横顔も整います。

特に50歳を過ぎた頃から、
歯並びが綺麗であると年齢より若々しく見え、上品に見えると言われています。

出っ歯ガミーフェイス(歯茎の目立ち)、受け口しゃくれあご・・・
歯並びだけではなく、これら口元全般の悩みも矯正治療は解決してくれます。

「もう整形するしかないの?」とあきらめる前に、
一度、矯正のドアをたたいてみてください。

矯正治療で口元をきれいに変えることができるかもしれません!

 

大人の矯正治療のきっかけは、
見た目でのお悩みや、顎の痛みなどの具体的な理由がほとんどです。

もし今、歯並びについてお悩みであれば、
どうして歯並びが悪くなったのか、このままではどのようになるのか、

反対に、歯並びが良くなるとどんなメリットがあるのかなど、
ひとりひとりのお口の状態に合わせてご説明いたします。

お気軽にスタッフにご相談下さい。

おまちしております♪

日付:  カテゴリ:未分類

ハイドロキシアパタイトとは?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

皆さんはハイドロキシアパタイトとは何か知っていますか?

 

soshiki

ハイドロキシアパタイトとは、

リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する

成分の事です。

ちなみにエナメル質の97%、

象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで

構成されています。

最近では薬用成分として

薬用ハイドロキシアパタイトが歯のケアだけでなく、

健康食品や人工骨など幅広い分野で活用されています。

歯のくすみ・黄ばみは、歯の表面の小さな傷やミネラルの溶け出し、

歯垢、着色による汚れなどが原因です。薬用ハイドロキシアパタイトは3つの働きで

虫歯を防ぎ汚れがつきにくい白く健康な歯を取り戻します。

 

①虫歯や歯周病の原因となる歯垢をからめとって、お口の中を”きれい”にします。

②はの表面のミクロの傷を埋めて滑らかにし、着色や歯垢をつきにくくします。

③溶け出したミネラルを補給して再石灰化を促し、初期虫歯を予防、歯を”丈夫”にします。

shinryo-treatment_img03

当医院では歯のクリーニングの仕上げに、

薬用ハイドロキシアパタイトを使用した”PMTC”を行っています。

普段の歯磨きでは落としきれないバイオフィルムや着色を機械的に除去し、

トリートメントケアとして紙面を滑らかに、

歯垢や着色のつきにくい透明感のあるツルツルな歯にしていきます。

ご自宅で薬用ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き剤を併用いただくと、

さらに効果が持続します。

 

ご興味のある方はいつでもお尋ね下さい。

日付:  カテゴリ:予防

虫歯予防day

こんにちは。

歯科医師の山崎です。

夏のような天気が続いていますが、みなさん体調を崩されたりしていませんか?

今日から6月になりましたが、6月4日は『6(む)4(し)』にちなんで虫歯予防DAYなんです。ご存知でしたか?

毎年6月4日から10日までの1週間を『歯と口の健康週間』とよんでいます。

色々な場所で催し物があったりしますので、お口の中が気になる方は参加してみるのもいいと思います。

細かい検査は歯科医院でないとできないこともありますので、気になる症状がある方は是非当院までお越し下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:虫歯

プラークって何?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病の原因は、

プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

プラーク1mgの中には、約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいると

言われています。この細菌たちは、もともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ、移り住みます。

その中でも最も凶悪な細菌は、歯周病の原因菌です。

現在、成人の約8割が歯周病を発症しています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、

食事の後にはまだプラークになっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質を持っています。

プラークを取り除く為の一番簡単な方法は毎日の歯磨きです。

一日3回のブラッシングの中の1回でもいいので、

丁寧に時間をかけて磨くようにしましょう。

 

オリオン歯科、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診, 歯周病, 虫歯

歯を守る最善の方法とは?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

更新がなかなかできていなくて申し訳ありません。

今回は定期検診のお話です。

 

歯の治療は多かれ少なかれ痛みを伴うことが多いので

なるべく痛くならないように心がけているのですが、

歯科を好きと言う方はあまりいません。

しかし、歯医者に行っても痛くない、いい方法があります♪

それは歯が痛くなる前に歯医者に行く事。

虫歯治療の初期の段階なら簡単に治療が終わり、痛くありません。

ひどくなってから治療をすると麻酔は必要だし、

何回も通院しなくてはなりません。

痛くなる前に定期的に歯の検診を受けましょう。

 

定期検診ではあなたのお口のに虫歯や歯周病がないか点検をし、

歯のクリーニングをしていきます。

10年後、20年後のご自身の歯の為に、

いつまでも健康な歯で食べ続けられるように、

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診

5月27日のDr変更について

Dr.山崎は汐留クリニックでの診療となる為、

5月27(水)はDr.山田のみの診療となります。

特に診療時間等の変更はありません。

 

その他は変更なく、通常通り、

月曜  Dr.山崎

火曜  Dr.大井

水曜  Dr.山崎 / Dr.山田

木曜  Dr.大井 / Dr.山田

金曜  Dr.布施 / Dr.山田

土曜  Dr.林

平日は朝9時から20時まで、

土曜は朝9時から17時まで診療を行っております。

何かありましたらご連絡下さい。

 

オリオン歯科一同、お待ちしております。

 

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

毎日のブラッシングの重要性

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病。

この二つの病気の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる歯に付着する細菌の塊です。

 

プラーク1mgの中には、約1億匹のたくさんの種類の細菌が棲んでいると

言われています。この細菌たちは、もともと口の中に潜んでいたのですが、

プラークという棲みやすい環境を見つけ、移り住みます。

その中でもっとも凶悪な細菌は歯周病の原因菌です。

現在、成人の方の約8割が歯周病を発症していると言われています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、

食事と後にはまだプラークにはなっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでもよいのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質をもっている為、すすぐだけでは除去できません。

 

プラークを取り除く為の一番簡単な方法は毎日のブラッシングです。

毎日、できれば毎食後、時間をかけてよく磨きましょう。

 

日付:  カテゴリ:歯周病, 虫歯

お子様の虫歯予防

こんにちは!!歯科助手の石田です。

今日はお子様の虫歯予防についてお話したいと思います。 お子様が小さいと嫌がって歯を磨かせてくれない、上手く磨けないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこでお子様には、フッ素シーラントをオススメしています。 まず、フッ素についてお話します。

 

フッ素には大きく3つの働きがあります。

*歯を強くする(フッ素が歯に取り込まれ虫歯に強い歯を作ります)

*再石灰化を促進する(自然治癒が可能な初期の虫歯では治癒を助ける事ができます)

*虫歯菌を抑制する(フッ素が歯垢に入り歯を溶かす酸が作られるのを抑えます)

歯科医院では家庭用の物よりも高濃度のフッ素を塗布します。歯の生えはじめに行うのが効果的で、定期的に行います。ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉や歯磨き後に使用するジェル、フッ素が入ったうがい薬などを使われると良いでしょう。

 

次にシーラントについてご説明します。

生えたての乳歯の奥歯は溝が深く歯ブラシが届きにくく食べ物やバイ菌がたまりやすい為、虫歯にもなりやすい場所です。

汚れをたまりにくくする為に奥歯の溝にシーラント材を流し光を照射して固め、溝を埋めます。これで歯磨きもしやすくなり、さらにフッ素配合なので虫歯予防に効果的です。

フッ素やシーラントをしながら乳歯の時期からしっかりと予防をして、虫歯のない歯を目指しましょう(^o^)

 

当院では予防歯科に力を入れております。 キッズスペースなどもございますのでお気軽にお越し下さい。 スタッフ一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:虫歯

虫歯と唾液

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

皆さん今まで虫歯に悩まされてきた方も多いのではないでしょうか?

患者様の中には、毎日かかさず歯磨きをしているのに・・・

とおっしゃる方も多々いらっしゃいます。

虫歯になりやすい方、なりにくい方の違いは、

歯磨きの回数や方法だけでなく、

飲食の回数、唾液のもつ性質や虫歯菌の数などが大きく関わります。

 

そもそも虫歯とはどうしてできるのでしょうか?

お口の中の※歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌が食べ物から栄養をとり、

糖を分解して酸を作ります。

この酸によって歯の表面からミネラル成分(カルシウム・リン)が溶け出します。

これが虫歯のはじまりです。

つまり、歯垢の中では、虫歯菌が酸を作り、歯の表面を溶かしはじめています。

※歯垢=プラーク・・・歯垢とはた食べかすや歯の垢ではなく、ネバネバした細菌の塊

 

そこで唾液が重要な働きします♪

唾液には酸を中和する働きや、

酸のよって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。

唾液の量が少なかったり、虫歯をくいとめる力が弱いと

歯の表面はもとに戻らず溶かされる成分量に追いつかなく、

虫歯になってしまいます。

 

お悩みの方は放置せずに、ご相談下さい。

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:虫歯

虫歯や歯周病から歯を守る為には?

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

虫歯や歯周病にならない為に「予防検診」をおすすめします。

歯が抜ける原因は老化ではありません。

虫歯と歯周病がその大部分を占めており、特に歯周病は最大の原因になっています。

 

歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま静かに進行していきます。

その為、知らず知らずのうちに歯を支える骨が溶かされ、

気が付いた時には手遅れになってしまうケースも多いのです。

そして一度治療をした後も、手入れが行き届かない所から再発しやすいのです。

 

虫歯治療も初期段階なら簡単に治療が終わり、痛みもありません。

ひどくなってから治療をすると麻酔も必要ですし、何回も通わなければいけなく、

治療期間は長くなり、大変になります。

 

痛みが出る前に定期的な検診を心がけましょう。

定期検診では患者様のお口の中に虫歯や歯周病がないかを検査を行い、

歯のクリーニングを行います。

検診をしっかりと受けている方と受けていない方とでは

10年後、20年後かなりの差がみられます。

最近の研究では、歯が丈夫だと病気になりにくい、

認知症を予防できるという結果が出ています。

lgf01a201311101500

いつまでも皆さんが健康な歯で

食べ続けられるよう、

虫歯や歯周病の予防には、

ご自宅での毎日のケアに加え、

歯科医院での予防検診とメンテナンスが必要です。

 

オリオン歯科スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

日付:  カテゴリ:定期検診