TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

新着情報・ブログ

歯ブラシについて

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

今日は虫歯や歯周病の予防には欠かせない毎日のブラッシングで使う歯ブラシについて

お話したいと思います。

 

「歯医者さん用と市販の歯ブラシのどこが違うの?」という疑問があるかもしれませんが

お口の中は一人一人によって個人差があり千差万別です。

毎日歯を磨いているのに、虫歯になってしまったという方は、もしかすると歯ブラシの選び方に問題があるのかもしれません。

歯科専用は「歯医者さんの指導のもとで使うように作られています」

歯の専門家が「あなたの1本」を選んでくれる。

アドバイスにより効果的な歯みがきができる。

お口の状態や治療目的に合わせて使い分けできる。

品質、専門性に優れた商品が豊富。

歯医者さんでしか購入できない

価格がやや高い。

使いこなすために多少の練習が必要。

 

市販用は「誰でもある程度使いこなせるように作られています」

価格が安い。

誰が使ってもある程度歯みがきができる。

CMなどで商品の認知度が高い。

コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入できる。

自分に合った1本を自分で選ばなければいけない。

使い方、選び方次第ではブラッシング効果減。

広く浅い品揃え。

 

「磨いている」と「磨けている」は違います。虫歯や歯周病の原因となる歯垢は、力いっぱい磨いたり、長く磨くだけでは完全に除去できません。自分のお口の中に合った歯ブラシを使い、ブラッシング効果を引き出す磨き方をすることが大切です。糖尿病は糖尿病の、心臓病には心臓病の治療法があるように、歯ブラシも虫歯や歯周病の状態に合わせたものを選ぶのがベストと言えるでしょう。

歯ブラシ選びや歯の磨き方でお悩みの方は是非ご来院下さい。

 

三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:予防

医療過誤事件

歯科医師の山田です。

最近、医療を取り巻く医療過誤事件が増えております。

世間を騒がせている附属病院の治療ミス、眼科のレ-ザー治療ミス、整形外科領域の治療ミス等々ありますが、歯科の事案も増えてきています。

先日、地方裁判所へ見学に行きました(半分仕事でしたが・・・。)。民事事件の医療過誤です。裁判所の門をくぐると重く空気が漂っております。刑事事件・民事事件を含めすべての裁判は一般公開してります(一部の事件は非公開がありますが。)。

一度時間があれば裁判所の門をくぐって見学に行けば如何でしょうか。意外な発見があるかも・・・です。

オリオン歯科一同、皆様の来院をお待ちしております。

日付:  カテゴリ:医療過誤事件

矯正をするとこんなにいいことがあります!!

こんにちは、歯科衛生士の加瀬です!

前回私が投稿させていただいたブログ「歯並びを治してみませんか?
から続きまして、今回も矯正のおすすめをさせていただきます!

矯正ってそんなにしないといけないものなの?
しないとどうなるの?
そう思われる方もたくさんいるかと思います。

なので、歯並びが原因で起こりうることをまとめてみました。

歯並び、かみ合わせが悪いと・・・

口を開けて笑うことに自信が持てない
小さい頃は良
くても、大人になるにつれてどうしても口元に目を向けてしまいがち。
大きなお口で笑ってみませんか?

むし歯、歯周病になりやすい
歯並びが悪ければ、当然歯磨きがとてむ難しくなります。
歯と歯の間、歯が重なっているところなど、
気を付けて一生懸命磨かなければ歯や歯ぐきの病気になりやすいです。

言葉がはっきり喋れない
かみ合わせによっては「タ行」「サ行」が発音しにくくなります。

肩こり、頭痛になりやすい
かみ合わせが悪ければ、噛む力が一箇所に集中して変に力が入ってしまいます。
そうしると、体の調子も悪くなりがちです。

顎関節が痛くなりやすい
かみ合わせが悪いとあごに余分な負担がかかってしまい、
痛みが出ることがあります。

消化が悪くなりやすい
しっかり噛めないと十分に噛み砕くことができません。
そうすると胃や腸に負担がかかりやすく、消化不良につながります。

 

思い当たることはありませんか?

お口は体の入口で、食べ物を食べることは全身の健康にもつながります。

三河島のクリニックでは、
第4土曜日の午後15時から矯正の専門医が診療を行っています。

 

気になることがある方は、是非お気軽にスタッフにご相談下さい。

スタッフ一同、おまちしております♪

 

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病, 虫歯, 顎関節 and tagged , , , , , , , ,

歯周病のメカニズム

こんにちは。歯科助手の石田です。

昨日のブログでも少し説明させて頂きましたが、今日はもう少し詳しくお話させて頂きます。

歯周病は、歯垢(プラーク)がきっかけで起こる歯周組織の病気です。歯垢とは、食べかすや歯の垢ではなく細菌の塊です。1mg中に数億もの細菌が棲みついていると言われており、その中の歯周病原菌が出す毒素で歯肉に炎症をもたらします。しばらくすると、歯垢はやがて唾液中のミネラルと結合して石のように硬くなり歯石となります。

歯石は歯と歯肉の間の歯周ポケットに溜まり歯肉を刺激し続け、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。歯周病がひどくなってくると歯がグラグラするのはこの為で歯を失う原因は虫歯より多いと言われています。

*歯周病の進行*

◎健康(歯と歯茎の隙間もなく、歯茎が引き締まっています。)

◎歯肉炎(歯と歯茎の境目に歯垢が溜まり、細菌が出す毒素で歯肉が慢性の炎症を起こし赤く腫れています。)

◎歯周炎…軽度(歯肉の炎症が進み、歯周ポケットが深くなったところに歯垢や歯石がつくと自分では除去できずやがて骨まで溶かし始めます。)

◎歯周炎…重度(歯を支えている骨がどんどん溶けて歯の根が露出し、歯がグラグラし始めます。歯茎から膿が出ることもあります。)

 

歯周病を防ぐには、定期的に歯医者でのメンテナンスを受けるとともに毎日の正しいブラッシングが必要不可欠です。

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:歯周病

定期健診

こんにちは、初めましてクリニカルコーディネーターの森です。

唐突ですが「皆様は最近いつ頃歯医者に行かれましたか?」

「昔から歯は丈夫といわれているから」

「痛くならないと中々足が向かない」等理由は様々と思いますが、

虫歯がないから、痛みがないからといって、お口の健康が保たれていると

安心してしまうのは早計かもしれません。

 

例えば歯茎の病気である歯周病は(程度の差こそあれ)日本人の約8割がかかっていると言われています。

進行してしまった歯周病により最終的には虫歯になっていなくとも、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまうという事も十分考えられます。

ただ歯周病、(虫歯ともに)しっかりと治療を行い、その後は定期的なメンテナンス「定期健診」をしっかりと受診していただければ歯周病、虫歯になるリスクを圧倒的に減らす事も可能となります。

 

当クリニックでは、各セクションのプロフェッショナルが皆様のご来院を心よりお待ちしております。

お口の状態は健康のバロメーターともいわれていますので、痛み等の症状がなくとも一度お口の全体チェックにいらしてみてはいかがでしょうか?

 

三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:定期検診

矯正診療のお知らせ

こんにちは☆彡

オリオン歯科では第4土曜日の午後15時から矯正の専門医が診療を行っています。

前歯がガタガタしてる・・・

食べ物が噛み切れない・・・

些細な事でも構いません♪

お気軽にご相談下さい(゚∀゚)

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

冷たい物で歯がしみる‼︎

こんにちは。

歯科医師の布施です。初めまして。よろしくお願いします。

 

ジメジメとした日が続きますが、紫陽花が綺麗な時期になりましたね。

みなさんいかがお過ごしですか?

 

今日は虫歯ではないのに歯がしみる症状についてお話しします。

冷たいものを飲んだり、歯磨きをした時、ピリッと痛みを感じたことはありませんか?

歯科医に診てもらったが、虫歯じゃないから様子見ましょうと言われたけど、、、痛い!

 

という方はいらっしゃいませんか?

これは何が起こっているのでしょうか。

 

口の中は温度差の激しい環境です。

アイスを食べたり、熱いお茶を飲んだりしても歯がしみることがないのは

体の中で一番硬いエナメル質という組織に守られているからなのです。

 

しかし、不適切なブラッシングや歯周病などで歯ぐきが下がるとエナメル質に覆われていない象牙質がむき出しになります。

この状態で冷たいものや歯ブラシの刺激が加わると

短く鋭い痛みを感じることがあります。

 

歯がしみるとブラッシングが滞りがちになりプラークが溜まりやすくなります。

その結果、知覚過敏を悪化させたり、虫歯や歯周病を誘発させることになります。

 

知覚過敏の治療は

プラークが残っているとしみやすいので、力任せのゴシゴシ磨きではなく丁寧に優しくブラッシングをすること、

歯科医院で知覚過敏のお薬を塗布してもらう。

知覚過敏専用の歯磨き粉も効くようです。

 

一番大事なことは、

知覚過敏かなと思ったら、自己診断せずにまずは歯科医院に行って診てもらうことです。

 

スタッフ一同、明るい笑顔でお待ちしております!

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:予防

歯周治療の効果はメインテナンスによって決まる!!

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。

それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。

この違いはどこから生まれるのでしょうか?

実は欧米諸国と日本では歯科定期検診の受診率に大きな差があります。

予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上。

また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。

これに対し、日本の受診率は10%未満なのです。

 

歯周病は生活習慣病ですのでいったん治療が終了しても、ちょっとした油断で再発し、

再治療が必要になってしまいます。

そのような事態にならないように、最も大切な事は、

毎日のブラッッシングであることはいうまでもありません。

しかし、ご自身ではきれいに磨けているつもりであっても、

細かい部分や磨きにくい部分に意外と歯垢(プラーク)は残り、

やがて硬い歯石となりブラッシングでは除去できなくなります。

歯石には細菌が含まれていますから、歯周病を引き起こす原因となります。

定期的に歯科医院でメインテナンスを行えば、そのような磨き残しのチェックや、

歯ブラシの届かない歯周ポケットの中から細菌を除去することができます。

問題が起こってから歯科医院を受診するのではなく、

問題が起こらないように歯科医院を利用しましょう。

 

定期検診は歯を守ります。

そして、歯周治療の終了はゴールではなく、スタート地点です。

定期検診により、むし歯や歯周病の再発がみられても早期であれば

治療も少なくてすみます。

定期的に歯科医院でしっかりとしたメインテナンスを受けることにより、

お口の健康を長く維持していきましょう。

 

オリオン歯科一同お待ちしております。

 

日付:  カテゴリ:定期検診, 歯周病

口臭について

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

お友達と話していて、相手の口臭が気になった事はありませんか?

自分の臭いは自分ではわからないものですが、人にも指摘しづらいものです。

でも本当は誰にでも、口臭はあるものなんです。

問題はその強さであり、口臭は2種類に分けられます。

 

誰にでもある臭いを生理的口臭、他者に不快感をもたらす臭いを口気悪臭といいます。

 

生理的口臭とは起床直後、空腹時の口臭や緊張やストレスからくる口臭など。これは唾液の量が関係していて食事をしたり会話をする事により唾液が増加すれば口臭は弱まり、治療の必要はありません。

 

口気悪臭とは飲食物による口臭や病的口臭など。飲食物であればアルコール類やニンニク、ネギ、タバコなど、一時的なものなので治療の必要はありません。ただ、病的なものであれば、鼻や喉、呼吸器系、消化器系、糖尿病などで口臭が起こる場合もあるが90%以上は口の中が原因といわれています。歯周病や虫歯、歯垢や歯石、舌苔(舌の汚れ)扁桃からの排膿など治療に対象となります。

 

当医院ではまずは検査を行い、原因を何か確かめた上で治療が必要であれば治療を行っています。

IMG_4727

IMG_1716

 

 

 

 

 

 

 

最近ではそんなに口臭が強くはないのに自分で口臭がすると思い込み、精神的につらくなってしまう方もいらっしゃいますが、必要以上に神経質になる事もありません。

口臭が気になる方は是非一度、検査を受けてみませんか??

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

日付:  カテゴリ:口臭

プラークとは?

こんにちは。

歯科医師の大井です。

今回はプラークのお話です。

お口の中の代表的な病気であるムシ歯と歯周病。この2つの病気の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

歯の表面では唾液の成分であるペリクルというタンパク質が薄い膜を作っています。そこにムシ歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスというネバネバした物質を作り自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。この状態がしばらく続くとミュータンス菌以外にもこの棲みやすい環境をねらって歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます。

細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかるため、食事の後まだプラークにはなっていません。それなら「お口をすすぐだけでもいいのでは?」と思うかもしれませんが、プラークは水に溶けない性質をもっています。

現在、成人の約8割が歯周病を発症しています。

こんなプラークを取り除くための一番簡単な方法は歯磨きです。ちょっと長く感じるかもしれませんが、一日合計10分くらいは歯を磨くようにしましょう。

日付:  カテゴリ:予防