TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

新着情報・ブログ

フッ素とシーラントでムシ歯予防

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

師走に入り、めっきり気温も下がり冬めいてきましたが、風邪やインフルエンザ等には罹っていらっしゃいませんか?

体調管理をしっかりと行い、クリスマス、年末年始を楽しく過ごしましょう。

今日は「フッ素とシーラントでムシ歯予防」についてお話したいと思います。

 

フッ素の働きと使用法

フッ素には大きく三つの働きがあります。この働きによりムシ歯予防に効果を発揮します。

①歯を強くする フッ素が歯に取り込まれ、ムシ歯に強い(溶けにくい)歯を作ります。

②再石灰化を促進する 自然治癒が可能な初期のムシ歯では、治癒を助ける事ができます。

③ムシ歯菌を抑制する フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を溶かす酸が作られるのを抑えます。

 

フッ素は「歯科医院で行うもの」、「家庭で使用するもの」があります。

歯科医院で行うもの 「フッ素塗布」家庭用のものより高濃度のフッ素を使用。

歯の生えはじめに行うのが効果的。

3~6ヶ月ごとに定期的に行います。

 

家庭で使用するもの

「フッ素洗口」 1日1回30~60秒ブクブクうがいをします。

特に寝る前に行うのが効果的

※うがいできるようになってから使用             「フッ素配合歯磨き剤」

毎日の歯磨きで使用するフッ素入り歯みがき粉と、歯磨き後に使用するフッ素ジェルがあります。特に歯科専用のものがおすすめ。

「奥歯のムシ歯予防にはシーラント」

生えたての奥歯は、溝が深く複雑で、歯ブラシが届きにくい為、食べかすやバイ菌がたまりやすい場所です。

「シーラントをすると」こんないい事があります。

溝がシーラント材でふさがれ、歯ブラシも当たりやすく、汚れがたまりにくくなります。シーラントでバリアー!しかもフッ素配合だから更に効果的!

歯の健康寿命を長く保つ為にも、子供の頃からの定期的な歯科検診をオリオン歯科では推奨しております。スタッフ一同お待ちしております。

 

オリオン歯科 三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:予防

治療の優先順位について

こんにちは(*゚▽゚*)

歯科衛生士の渡部です。

今日は治療の順番でとても大切なお話をします☆

虫歯を治すのも被せものを作るのも、まずは歯周病の治療をしてから行った方が良い事が沢山あるんです☆ミ

ご存知でしたか?ヽ(*´∀`)ノ?

①虫歯の再発を予防出来る。

②虫歯をよりきれいに削り取りやすくなる。

③被せ物や詰め物の適合が良くなる。

④被せ物や詰め物が長持ちする。

⑤被せ物や詰め物がより自然に美しく装着出来る。

などなど♪

良い事が沢山あります(*゚▽゚*)

勿論場合によっては処置を先に行う事もあります。

しかし歯ぐきが腫れてる状態だとどんな処置も綺麗に仕上がりません。

痛くなってからでは歯周病の処置を行わずに治さないといけなくなる事もあります!!

ですから!!

綺麗な治療をする為にも、まずは自分が歯周病ではないか理解しておく必要があり、もし罹患してる場合は処置をしなければいけませんヽ(・∀・)ノ

綺麗な口腔内を保つ為にも!!

当院で検査をしてみませんか?(^O^)?

スタッフ一同心よりお待ち申し上げていますo(^▽^)o

 

 

 

日付:  カテゴリ:歯周病

「乳歯の生え替り」について

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

気温もすっかり下がり、冬の足音が少しづつ聞こえてきました。

今日は、「乳歯が生え替わるまで」について、お話したと思います。

人の歯は一生に一度だけ生え替わります。乳歯から永久歯へ…乳歯はどうせ生え替わるからといって大切にしなくてもよいということではありません。永久歯に生え替わるまでの重要な役割があります。あごの発達、顔の輪郭の形成、身体の発育、永久歯の歯並びなど影響は様々です。

乳歯のむし歯を放っておくと…乳歯のむし歯は永久歯の歯並びを悪くし、咬み合せが悪くなる(不正咬合)原因にもなります。乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯がむし歯になりやすくなったり、様々な弊害が出てきますので、早めに歯科医院を受診しましょう。

乳歯の生え替わりには大まかな時期がありますが、あくまで目安ですので個人差があります。ただ親御さんとしては他のお子さんと比較してしまいがちですので、気になる場合はご相談下さい。

健康な永久歯の為にも乳歯からの予防が大切です。

 

三河島クリニック  スタッフ一同

日付:  カテゴリ:未分類

歯周病と心臓疾患、脳血管疾患の関係性

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

最近は気温の差があり体調を崩しがちですが、風邪などひかないよう注意して下さい。風邪は万病のもととも言いますので…

今日は、「歯周病と心臓疾患、脳血管疾患」についてお話したいと思います。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに雑多な細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、晴れたりします。そして、進行すると歯周ポケットが形成され、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて、歯が動くようになり最後は抜歯しなければいけなくなってしまいます。そして、歯周病は歯を失うだけでなく、歯周ポケット内で起こる細菌と生体との戦いにより様々な物質を産生し、それが細菌とともに生体内に侵入し全身疾患に悪影響を与える事がわかってきました。

「狭心症、心筋梗塞」動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまい心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来、血液の通り道は細くなります。プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

脳梗塞は脳の血管のプラークが詰まったり、頚動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んできて脳血管が詰まる病気です。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳卒中になり易いそうです。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防の為にも歯周病の予防や治療は、より重要となります。

歯周病予防から全身の健康増進へと繋げていきましょう。

 

三河島クリニックスタッフ一同より

日付:  カテゴリ:未分類

口内炎の予防と対策

こんにちは。歯科助手の石田です。

今日は口内炎についてお話します。

口内炎ができると同じ場所を噛んでしまったり、しょっぱい物がしみて美味しく食事が出来なかったり…1度なると厄介ですよね。

口内炎の主な原因は歯や入れ歯が粘膜に当たる、乱暴な歯磨きで粘膜を傷つけた、口の中の粘膜を噛んだといった物理的刺激や歯磨きやうがいをしないといった口の中の衛生不良、また病気や過労などで体力が低下している、ビタミンB群やビタミンA、ミネラルなどが不足しているといった体の不調があります。

予防と対策

〇粘膜を傷つけない為に適切なブラッシングを心がけ、口腔内を清潔に保ちましょう。

〇ビタミンB2が不足すると口内炎が起こりやすくなる為、積極的に摂るようにしましょう。

〇炎症部分を刺激する香辛料の多い食事や熱い飲み物は避けましょう。

〇喫煙の習慣がある人はタバコを控えましょう。

〇栄養バランスの乱れや過労、ストレスによる体力低下など体に不調がある時は食生活を改善したり睡眠時間を十分に取り生活習慣を改善し体調を整えましょう。

 

*一般的に口内炎は約10日から2週間程度で治ります。ただし、一度に多く出来る事が多い場合やあまりに頻繁に出来る場合は医師の診察を受ける事をお勧めします。

 

また、口内炎の塗り薬をお出しする事も出来るのでお申し付け下さい。

 

普段からお口の中のメンテナンスを心がけましょう。

 

オリオン歯科スタッフ一同お待ちしています。

 

 

日付:  カテゴリ:予防

顎関節にお悩みの方へ

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

まず顎関節症とは、顎の関節から音がしたり、痛みがあったり、

時には口を開けにくくなったり顎を支えている筋肉に痛みが起こったりする病気です。

 

原因は、歯並びや生活習慣、ストレスや頸椎の異常、

筋肉の緊張など色々な要素が絡み合って起こっていると考えられます。

 

一番の治療法は生活習慣の改善です。

顎関節症もその悪い生活習慣が長い時間をかかって許容範囲を越えた為、

自覚症状が出たと考えられます。

このような事から、顎関節症生活習慣病とも言えます。

生活習慣を改善する事により、症状を許容範囲の中に戻してあげようという考えです。

 

では、習慣としてどんなものがあるのでしょうか?

①症状を悪化させない為に、顎で雑音をさせて遊ばない、口を必要以上に大きく開け

ない、硬いものを無理して噛まない、歯ぎしりやかみしめ、顎を押さえるなどの習慣

②姿勢を良くする事と、頬杖をつく、顎を前に出す、日中の歯ぎしりなどの習慣

③顎運動のリハビリテーションとして、ご飯、野菜、肉や魚など、

普通の食べ物を両方の奥歯でゆっくり噛んで食べる事、片側咀嚼をしない。

など

 

ただ、単に生活習慣の改善と言っても、人間には色々な状態や環境に慣れる(順応する)

能力があり、意識できるものであれば改善できますが、

無意識のものに関してはなかなか改善する事は難しいのです。

 

当医院では、意識のできる生活習慣の改善とともに

スプリントと言ってスポーツ選手がするようなマウスガードのようなものをはめる事で

無意識な生活習慣による顎への負担を軽くする治療も行っています。

 

気になる方はお気軽にご相談下さい。

オリオン歯科一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:顎関節

定期検診のおすすめ

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

気温も下がりすっかり秋めいてきましたが、風邪などひかれていませんか?

今日は「定期検診」のお話をしたいと思います。

多くの方が勘違いされているかもしれませんが、治療の終了が決してゴールではなく、本当はスタートなのです。これこそ「定期検診」のスタートラインになります。

歯周病から歯を守る為に定期検診が大切なんです。

 

歯が抜ける原因は老化ではありません。虫歯と歯周病がその大部分を占めており、とくに歯周病は最大の原因になっています。

歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま静かに進行していきます。その為、知らず知らずのうちに歯を支える骨が溶かされ、気づいた時には手遅れになってしまうケースも多いのです。そして一度治療をして治った後も、手入れが行き届かない所から再発しやすいのが特徴です。

歯周病予防には、自宅での毎日のケアに加え、歯医者さんでの定期検診とメンテナンスが必要です。以下が定期検診のメリットになります。

①定期的に専門家によるケアを行うため歯周病や虫歯を予防する事ができます。

②歯周病の原因となる歯と歯肉の間の歯垢や歯石を取り除きます。

③トラブルが少なくなるため結果的に医療費も減り経済的です。

④歯や歯ぐきの掃除を行うためお口を清潔に美しく保つことができます。

いつまでもお口の健康を保つために定期検診をおすすめします。

 

是非一度、オリオン歯科三河島クリニックへお越し下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

三河島クリニック スタッフ一同

 

 

日付:  カテゴリ:予防

矯正について

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

歯並びが悪く、治療したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、時間や費用、見た目などやってみたいけれど心配ですよね。

実は歯並びを治すのは全体的な矯正治療だけではなく、

前歯だけの矯正治療や、矯正治療とセラミックを合わせた治療、

マウスピースを使った治療など多くの方法があります。

また、年齢や歯茎、被せものの状態によっては矯正治療ではなく被せもので

治したほうがいい場合もあります。

 

まず、歯並びが悪い事により、どういう事が起こるのでしょうか?

 

①見た目が悪くコンプレックスになる

先進国では歯並びの悪さは就職にも恋愛にも影響するほど重要なことです。

また、歯並びが悪いだけで歯が汚い、口臭があるなど損をしてしまうことも多いのです。

子供の頃よりも成人をすぎたあたりからコンプレックスになってしまう方もいるのです。

 

②虫歯になりやすくなる

前歯の歯並びが悪いと細菌が残りやすく虫歯になりやすくなってしまいます。

また、治療をしたとしてもすぐに虫歯になってしまい再治療を繰り返し、

最終的には歯が折れてしまうことがあります。

 

 

③歯茎が下がりやすくなる

顎の中に歯が収まりきれないと歯が顎から飛び出してしまい歯茎が下がってしまいます。

年齢とともに歯茎の下がりは大きくなり、

歯周病の悪化とともに歯が抜けてしまうこともあります。

矯正治療で歯並びを治してから、歯茎を移植する方法を使うと改善することができます。

 

④歯周病が進行しやすくなる

年齢を重ねるとともに歯周病になる方が増えてきますが、

前歯の歯並びが悪い方は特に歯周病の進行が速くなります。

歯が重なっている部分は歯を支えている骨が薄くなったり、

根と根がぶつかって元々骨がない部分もあります。

そのため歯周病菌がその隙間に入るとすぐに歯周病によって歯が揺れてきてしまいます。

 

⑤顎関節症になりやすい

歯並びが悪いといつも歯が顎の中で押し合っていて噛み合わせが安定出来ません。

若いときは顎の関節や筋肉が軟らかい為に、多少の変化には耐えることができますが、

年齢とともに関節が固くなってくると噛み合わせの変化に対応できず

顎関節症になりやすくなってしまいます。

 

⑥より歯並びは悪くなってくる

歯並びが良い方は前後を歯で、左右を頬や舌で歯並びの位置を保っています。

歯並びが悪いと歯の位置が安定していないために親知らずや歯周病の影響を受けやすく、

年齢とともに顎も狭窄してくる為、より歯並びは悪くなってきます。

 

歯並びは見た目だけでなく虫歯や歯周病にも大きく関係しており、重要なのです。

では次に、どうゆう治療法があるのかいくつかご紹介します。

 

①成長期の矯正治療で顎の関係を改善する方法

成長期に矯正治療を行うことによって歯だけではなく、顎を拡げたり、顎を成長させたり

することができます。成長期に前後の顎の関係を少しでも改善できれば、

抜歯をせずに悪い歯並びをきれいに出来る可能性があります。

顎を広げる装置や部分的なブラケット装置、マウスピー装置を使います。

ただし、すべてが改善できるわけではなく、

成長が止まってから全体的なブラケット装置が必要な場合もあります。

photo05

 

 

 

 

②全体的な矯正治療で治す方法

中学生から20代くらいまでは全体的な矯正治療を行うことが多いです。

歯の表面にブラケット装置を付け、歯並びを治していきます。

顎に比べ歯が大きすぎる場合は抜歯をして、歯と顎のバランスを整えきれいに

歯並びを治します。歯の1本1本にブラケットという装置を付けて、

歯を移動させていきます。2年から3年ほどかけて歯を毎月1mm位ずつ移動させて

歯並びをきれいに治していきます。

ph_souchi04

 

 

 

③部分矯正とセラミックで治す方法

30代を過ぎると骨が硬くなり歯が動きにくくなるのと、

歯周病によって全体的に矯正治療を行うと歯茎や骨が下がってしまうことがあります。

部分的なブラケット装置とセラミックの被せもので歯並びを治した方が期間も短く、

歯や歯茎への負担も少なくてすみます。

半年~‘1年程度かけてブラケット装置で矯正を行い、その後セラミックを被せます。

 

④部分矯正と矯正用インプラントで治す方法

奥歯の噛み合わせが良くて、前歯のみを治したい場合に部分的なブラケット装置と奥歯を

動かさないように矯正用インプラントを使って歯をきれいに並べていきます。

奥歯に矯正装置が付かないため違和感が少なくて済みます。

矯正用のインプラントは15分程度で付けることができ、ほとんど痛みはありません。

 

⑤セラミックで歯並びを治す方法

前歯に被せものが多かったり、歯の形を変えたい場合はセラミックの被せ物で

歯並びをきれいにしていきます。歯並びの悪さによっては抜歯をしたり、

神経の処置をする必要があります。期間は1か月程度で行えます。

 

⑥マウスピース矯正で歯並びを治す方法

多少の歯並びの悪さはマウスピース矯正で治療することができます。

透明なマウスピースを交換しながら歯を動かしていきます。

見た目にも目立たなく治療ができます。

mouthpiece

 

 

 

 

 

 

 

歯並びの状態により装置が変わってくる為、金額や期間は変わります。

歯並びについてお悩みの方は是非相談下さい。

今月の矯正日は、10月24日(土)14:00~となっております。

オリオン歯科一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:未分類

メインテナンスの大切さ

こんにちは、クリニカルコーディネーターの森です。

秋晴れを期待していましたが、残念ながら秋雨の多いここ最近の天気となってしまっていますが、皆さん体調など崩されてはいませんか?

今日はメインテナンスの大切さについてお話したいと思います。

「定期検診は歯を守る」

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。この違いはどこから生まれるのでしょうか?

実は欧米諸国と日本では歯科定期検診の受診率には大きな差があります。予防歯科がすすんでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上です。また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。これに対し、日本の受診率は10%未満なのです。

「歯周治療の終了はゴールではなく、スタート地点」

歯周病は生活習慣病ですのでいったん治療が終了しても、ちょっとした油断で再発し、再治療が必要になってしまいます。そのような事態にならないように最も大切なことは、毎日のブラッシングであることは言うまでもありません。しかし、ご自身ではきれいに磨けているつもりであっても、細かい部分や磨きにくい部分に以外と歯垢は残り、やがて硬い歯石となりブラッシングでは除去できなくなります。歯石には細菌が含まれていますから、歯周病を引き起こす原因となります。

定期的に歯科医院でメインテナンスを行えば、そのような磨き残しのチェックや、歯ブラシの届かない歯周ポケットの中から細菌を除去することができます。

問題が起こってから歯科医院を受診するのではなく、問題が起こらないように歯科医院を利用しましょう。もし虫歯や歯周病の再発がみられても早期であれば、治療も少なくてすみます。定期的に歯科医院でしっかりとしたメインテナンスを受ける事により、お口の健康を長く維持していきましょう。

オリオン歯科では皆さんのお口の健康の手助けをしっかりとサポートさせていただきますので是非一度ご来院下さい。

三河島スタッフ一同お待ちしております。

日付:  カテゴリ:予防

お子様の歯を守りましょう

こんにちは(o^^o)♪

オリオン歯科の渡部です。

今日はお子様の歯の予防方法についてお話します。

歯科医院で定期的にクリーニングをし、フッ素を塗ることは勿論ですが、

歯科医院で行う予防方法にシーラントという物があります。

子供の虫歯で一番多い奥歯の溝の虫歯予防剤です。

方法はとっても簡単(o^^o)♪

奥歯の溝にセメントの様な物を流し込んで汚れが蓄積しにくい状態にするだけなんです♪

セメントって?歯に良くないんじゃない?

と思われるかもしれませんが、シーラントにはフッ素が配合されているんですヽ(・∀・)ノ

汚れも溜まりにくくなり、フッ素の力で歯も強くなります♪

そして生えたての歯に特に効果的ですヽ(*´∀`)ノ

生えたての歯はとても弱いので虫歯の進行が早いです。

一人一人、歯の形態も違い、溝がとっても深い人もいます。

お子様の仕上げ磨きをしていて少しでも気になる様な事があれば

オリオン歯科にご相談下さい(*゚▽゚*)

スタッフ一同心よりお待ち申し上げています♪

 

 

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:予防