TOPへ戻る

矯正歯科

orthodontics

矯正歯科

歯科矯正治療ってなに?

歯科矯正治療は、自然な位置にある歯やアゴを整え、正しい噛み合わせと美しい歯ならびをつくりだすことです。
歯ならびが良くなると、物をしっかりかむことができ、歯みがきもきれいにできるので、口の中の健康はもとより、消化を助けてからだ全体の健康にもよい結果をもたらします。

矯正治療前 矯正治療後

 

初診(相談)

1回目 初診(相談)
2回目 精密検査
3回目 コンサルテーション(検査結果の説明)
注意事項の説明
契約書の作成
4回目 治療開始

2回目:精密検査について

・顔と口の写真
・かみ合わせ
・歯の型
・お口の診査
・レントゲン写真

顔とお口の写真

かみ合わせ

歯の型採り
レントゲン写真(口全体)
レントゲン写真(横)
レントゲン写真(正面)
レントゲン写真(上)
レントゲン写真(手)

 

3回目:コンサルテーション

・治療開始時期  
・使用する装置
・治療期間  
・治療費  
・注意事項の説明
・契約書の作成

矯正治療のながれ

第一期治療 (小児矯正治療)6〜11歳頃

顎の骨の成長コントロール、習癖の改善
前歯の歯並びの改善等

第二期矯正治療(成人矯正治療) 12歳頃

永久歯の歯並びに問題なし

永久歯に矯正装置を付けて全体的な歯並び、口元の改善

終了

ガタガタが少なく
顎のズレが修正されている

ガタガタが残る
ズレが残る

 
 

歯を抜かないで治療

抜歯を併用した矯正治療

 
 

保定期間(移動した歯の固定)

 
 

終了

 

 

矯正治療を早く始める利点

1. 上下の顎にズレがある場合、骨の成長期でしか治せません。(12歳頃を過ぎてからではおそいです)  
2. 顎の成長に合わせて歯を並べていくので将来、抜歯をして矯正するリスクが減ります。  
3. 歯並びが安定しやすい。(後戻りが少ない)

 

抜歯について

狭いイスに大勢の人が座ろうとしています

座るためには何人かにどいてもらう必要があります


治療期間と間隔について

治療期間

(動的治療)患者さんの成長量や治療の難易度によって大きく変わってきます。

一期治療:永久歯に生え変わるまでです。
二期治療:平均2年~2年半で動かす治療は終わります。

(保定)治療が終わった後安定するまで抑える装置を治療した期間と同じ期間使用していただきます。

治療間隔

(動的治療)装置がお口に入ったら、月に1回程度来院していただくことになります。1回の治療時間は治療内容にもよりますが、15分~1時間程度です。

(保定)始めは月に1回程度ですが安定してきたら数ヶ月に1回の通院でかまいません。

痛みと違和感について

矯正治療中痛みは、食事やスポーツで咬んだり歯を押したりすると根が浮くような痛みが生じますが、寝るときや仕事や勉強等には影響しないことがほとんどです。
この痛みも、治療の来院後2~4日がピークで次の来院までは痛みはほとんどない状態になります。
病的なものでないので、できるだけ我慢していただきますが、やはり個人差はありますので、あまり痛いときは鎮痛剤の投与で軽減を試みていきます。

上顎前突小臼歯抜歯

治療例 ①

治療前 治療後

治療例 ②

治療前
治療中

治療例 ③

治療前 治療中 治療後

 

舌側矯正

表側
治療前 治療中 治療後
裏側
治療前 治療中 治療後

 

下顎劣成長

バイオネーター

治療前
治療器具

 

上顎劣成長

治療前
治療中

 

リンガルアーチ

治療前
治療後

ムーシールド

治療前
治療中
治療後

セパレーター

緩徐拡大装置(SPE)

治療前
治療後

 

インビザライン

薄くて透明なポリウレタンで出来ているため目立ちにくく、
自分から言い出さない限り、他人からは矯正治療中であることがほとんど分かりません。
これなら矯正治療を始めてみてもよいと思いませんか?

ワイヤーとブラケットで行う従来の矯正治療

透明なアライナーを使う最新のインビザライン治療

装着中のアライナーが見えますか?