TOPへ戻る

新着情報・ブログ

Blog

プラークについて

こんにちは、歯科衛生士の大井です。

 

今日は、プラークについてお話したいと思います。

プラークとは、歯垢とも呼ばれていて歯の表面に付着する細菌の集まりです。

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病ですが、

これらの病気の原因であるのがこのプラークです。

 

歯の表面では唾液の成分であるペリクルという糖タンパク質が、薄い膜を作っています。

そこに虫歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。

くっついた菌は、食べ物の中のショ糖を使ってグリコカリックスという

ネバネバした物質を作り、自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。

この状態がしばらく続くと、ミュータンス菌以外にもこの棲みやすい環境をねらって

歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-12-46-06

プラークの中には、たくさんの種類の細菌が

棲んでいるといわれています。

その中でもっとも凶悪な細菌は、

歯周病の原因菌です。

現在、成人の約8割が発症しています。

 

細菌が集まってプラークを形成するには

約1日かかるため、

食事の後にはまだプラークにはなっていません。

それなら、「お口をすすぐだけでもよいのでは?」と思うかもしれませんが、

プラークは水に溶けない性質を持っています。

そんなプラークを取り除くための一番簡単な方法は毎日の歯みがきです。

ちょっと長く感じるかもしれませんが、一日合計10分くらいは

歯を磨くようにしましょう。

 

お口の中を健康に保ち、虫歯や歯周病にならないようにするためにも

毎日の歯磨きを積極的に行うようにしましょう。

なにかご不明な点がありましたら、お気軽に

スタッフにご相談ください。

三河島1分の歯医者【オリオン歯科】痛くない・優しい治療

日付:   カテゴリ:未分類